地域における取組

トップページ >> 地域における取組

社会福祉法人は、社会福祉事業を主たる事業とする非営利法人であり、制度や市場原理では満たされないニーズについても
率先して対応していく取組=「地域における公益的な活動」が求められています。

そのため社会福祉法人敬仁会では、地域における公益的な活動の一環として、以下の事業所において様々な活動を行っています。

ケイジンバンド表彰式(渓山荘)

社会福祉法人敬仁会 ケンジンバンド表彰式
ケイジンバンドが表彰されました。 渓山荘は10年ほど前から、地域における認知症の知識や対応についての普及・啓発活動として、寸劇や音楽を交えた公演を地域の公民館はじめ、さまざまなイベントにて行ってきました。

このたびその功績がたたえられ、西川県知事より「介護事業所における要介護度改善促進事業」の表彰式および事例発表会において、多大な成果を挙げた事業としてバンドグループ「ケイジンバンド」が表彰されました。

夏祭り(第2渓山荘ぽっぽ)

社会福祉法人敬仁会 夏祭り
毎年恒例の第2渓山荘ぽっぽ夏まつり。入居者とそのご家族をはじめ地域住民の方も参加して盛大に行われています。

やぐらを囲んで行うこの夏祭り行事は、第2渓山荘ぽっぽの入居者においては昔を思い出す出来事としてとらえられ、 ご家族においては「父親や・母親、孫にとってはおじいちゃん、おばあちゃんとふれあえるいい機会となってます」 と喜びの声をいただいています。

地域交流イベント(第3渓山荘あおぞら)

社会福祉法人敬仁会 もちつき大会
平成28年1月9日(土)に、第3渓山荘あおぞらの地域との交流行事の第1回目として、新春もちつき大会を開催しました。 総勢35名の地域のみなさんの参加があり、第3渓山荘あおぞらの入居者との交流を図りつつ、もちつき大会が行われました。

うすと杵をつかった昔ながらのもちつきは、参加した子どもにとって初めての体験となったようで、「楽しかった、また参加したい」と 喜びいっぱいに話していました。

以降、お祭りや介護教室などを定期的に開催し、地域の方々との交流を図っています。